ガスト参式のありきたりな日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 今週のデジモンセイバーズ33話

<<   作成日時 : 2006/11/26 13:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

ガスト「ミミロルの鳴き声が変に聞こえてきた」

ホノカ「何匹も孵化させてるからだよ」

ガスト「だって♀の最速ミミロルでないもん。おかげで・・・」





ミミロル「ミミロWRYYYYYYYYYYYYY!!!!!!!!!!」





ガスト「と言っているようにしか聞こえん」

ホノカ「JOJOも読んでない癖によくそういうこと考えられるね」

ガスト「ネットで得た知識だ」

ホノカ「叩かれたくなかったらJOJO読んだ方が良いよ?原作読んでないのに知識だけって嫌いな人もいるからさ」

ガスト「では近日ブックオフにでもいって・・・」

ホノカ「買ってくるんだね」

ガスト「いや立ち読みしてくる




            ノ∩
           ⊂ガストヽ
            /( 。Д。 )っ
            U ∨ ∨
         ・@;∴‥
   ∧_∧ ∩  :: :.
  (#・∀・)/  :: ::
  (つホノカ/  :: :'
  人⌒l ノ  :: ::
  し(_) ちょっと待て貴様




ガスト「ごふぅ・・・・・さて今週のデジモンいってみっか」


エルドラディモン、人間界にきた。大達も追いついた
               ↓
トーマ達は聖なる都を守るため、ギズモン達と応戦
               ↓
大、アグモン、イクト、ヤタガラモンは聖に足止めされる。大はイクトとヤタガラモンを聖なる都に向かうように言う
               ↓
聖、バイオダークドラモンに進化、アグモンもシャイングレイモンに進化、都心で空中戦
               ↓
エルドラディモン、現地のリポーター達に悪者扱い、マッドサイエンティスト、砲台積んだ船をだす
               ↓
シャイングレイモン、必殺技でバイオダークドラモンを倒そうとするが、一般市民を巻き添えにしてしまうので迂闊に攻撃できない。一方バイオダークドラモンは、相手の後ろにビルがあろうと人がいようと関係なく攻撃。よって一方的な攻めが展開される
               ↓
船、砲台からデジタルハザードシステムの光線をだし、エルドラディモンの動きを束縛。空中では巨大な針にギズモン達が集まってゆく・・・そして都の長、ギズモンの光線によって倒れる

長「スグルの息子・・・エルドラディモンを頼みましたよ・・・」
               ↓
シャイングレイモン、このままでは・・・・・・・しかし、大のあきらめないという強い意志にデジヴァイスが反応、炎の大剣を造りだす
               ↓
バイオダークドラモンの必殺技を受け流し、ジオグレイソード(炎の大剣ね)でバイオダークドラモンを貫く
               ↓
倒して残ったのは聖とデジタマ・・・・・・大達はエルドラディモンに向かう
               ↓
時既に遅し、さっきの針が巨大な槍と化し、エルドラディモンを貫く・・・・・・・・・
               ↓
絶望するトーマ達・・・・・・・だが

大「まだ戦いは終わっちゃいねぇ!」
               ↓
微かな希望を胸に、まずは聖なる都のデジモンを助けにいく大達・・・・・・




黒服「お迎えにあがりました、トーマ様」
しかし、トーマとガオモンだけは黒服の男達とともに何処かに行ってしまった・・・・・・







ガスト「で次はトーマが寝返る話」

ホノカ「てかデジモン=悪ってイメージが広がっちゃったね」

ガスト「私的にあの騒ぎはどっかの企業がどうにかしてくれると思う」

ホノカ「なんでまた企業がでてくるの?」

ガスト「いやだって・・・・・・」


どっかの社長『あれは我が社の新しいテーマパークのデモですよ。少々行き過ぎましたことはお詫び申し上げ致します』



ガスト「と言うに間違いない」



                   _ _     .'  , .. ∧_∧
          ∧  _ - ― = ̄  ̄`:, .∴ '     (    )
         , -'' ̄    __――=', ・,‘ r⌒>  _/ /
        /   -―  ̄ ̄   ̄"'" .   ’ | y'⌒  ⌒i
       /   ノ                 |  /  ノ |
      /  , イ )                 , ー'  /´ヾ_ノ
      /   _, \               / ,  ノ
      |  / \  `、            / / /
      j  /  ヽ  |           / / ,'
    / ノ   {  |          /  /|  |
   / /     | (_         !、_/ /   〉
  `、_〉      ー‐‐`            |_/
     平成狸○戦ポンポコじゃねぇよ!



ホノカ「第一そんな度胸ある企業なんてそう都合良くいないよ」

ガスト「海○コーポレーションがなんとかしてくれるさ




ガスト「つーかデジモンに対する敵視は、なにも今シリーズに限ったことじゃないだろ?つーかマッドサイエンティストがラスボスなんて思っちゃいねぇし」

ホノカ「あの謎の生命体だよね。まだ33話だし」

ガスト「どーせ40話ぐらいになって決着が着いた後に新たな敵が現れるんだよ」

ホノカ「デジモンシリーズによくあることだね」

ガスト「元々親父を探すためにデジタルワールドにいったんだし、最終的な目標はユグドラシルに行くことだと思うんだ

ホノカ「OPにロイヤルナイツもいるからね」

ガスト「だから倉田なんて所詮小物でしかないんだよ」

ホノカ「頭はいいけど所詮糞か・・・」

ガスト「糞?なんのことだ?」

ホノカ「だって先週・・・」



   人
  (_.) デジモンは凶暴な生き物なのです
.  (__)

       ↑倉田


ホノカ「とかやったし」

ガスト「・・・・・・」








ガスト「最近飲酒運転が話題になっていますなぁ」

ホノカ「大分前からだけどね。新しい制度ができたからまた蒸し返したみたい」

DS「何故か知らずに飲ませたほうも刑罰にかかるんですよね」

ホノカ「厳しすぎるんじゃない?いちいち言わないといけないなんて・・・・・・・その気になったら嘘付いて罪をなすりつけあうこともあるかもよ?」

ジーニアス「でも厳しくしないと事故が増えるんじゃない?」

プレセア「こんなくだらないことで人が死ぬのはとても悲しいです・・・・・・」

ガスト「だが、一言言っておくのはとても大切だと思うぞ。たったそれだけでトラブルを防げるんだからな。ちなみにこれは飲酒に限ったことじゃない」

ホノカ「どういうこと?」

ガスト「注文を受けるときに『ご注文は○○(品名)でよろしいでしょか?』商品を詰めるときに『詰め合わせはこれでよろしいでしょうか?』つり銭渡すときに『お確かめください』、とか前持って確認するだけでトラブルを防げる」

ホノカ「『注文違うぞ!』とか『つり銭足りねえぞブルァァァァ!!!』とかのクレームを受け取ることもないからね」

ガスト「妙なのが混じっていたような・・・まあいい、それに『お客様、失礼ですがこの後車を運転致しますか?』が加わっただけなんで、別に規制されなくても言って来る店がでてくると思うんだ

ジーニアス「でも規制されないとそれに反論くるよね?」

プレセア「だから規制する必要があるのですよ、ジーニアス」

ジーニアス「ぷ、プレセアの言うとおりだよっ!//////」

DS「ていうかそれバイト先の店長からパクッただけですよね?

ガスト「ああ・・・・・1割方な

ホノカ「それパクったなんて言わないし」

唯一神「ガストよ」

ガスト「なんだ?」

唯一神「ガストの父上が飲酒運転で捕まったことがあると聞いたのだが

DS、ホノカ、ジーニアス、プレセア「!!!!!!!!」




         ナ ゝ   ナ ゝ /    十_"    ー;=‐         |! |!
          cト    cト /^、_ノ  | 、.__ つ  (.__    ̄ ̄ ̄ ̄   ・ ・
ミミ:::;,!      u       `゙"~´   ヾ彡::l/VvVw、 ,yvヾNヽ  ゞヾ  ,. ,. ,. 、、ヾゝヽr=ヾ
ミ::::;/   ゙̄`ー-.、     u  ;,,;   j   ヾk'! ' l / 'レ ^ヽヘ\   ,r゙ゞ゙-"、ノ / l! !ヽ 、、 |
ミ/    J   ゙`ー、   " ;, ;;; ,;; ゙  u ヾi    ,,./ , ,、ヾヾ   | '-- 、..,,ヽ  j  ! | Nヾ|
'"       _,,.. -─ゝ.、   ;, " ;;   _,,..._ゞイ__//〃 i.! ilヾゞヽ  | 、  .r. ヾ-、;;ノ,.:-一'"i
  j    /   ,.- 、  ヾヽ、 ;; ;; _,-<  //_,,\' "' !| :l ゙i !_,,ヽ.l `ー─--  エィ' (. 7 /
      :    ' ・丿   ̄≠Ξイ´,-、 ヽ /イ´ r. `ー-'メ ,.-´、  i     u  ヾ``ー' イ
       \_    _,,......::   ´゙i、 `¨ / i ヽ.__,,... '  u ゙l´.i・j.冫,イ゙l  / ``-、..- ノ :u l
   u      ̄ ̄  彡"   、ヾ ̄``ミ::.l  u   j  i、`ー' .i / /、._    `'y   /
              u      `ヽ  ゙:l   ,.::- 、,, ,. ノ ゙ u ! /_   ̄ ー/ u /
           _,,..,,_    ,.ィ、  /   |  /__   ``- 、_    l l  ``ーt、_ /  /
  ゙   u  ,./´ "  ``- 、_J r'´  u 丿 .l,... `ー一''/   ノ  ト 、,,_____ ゙/ /
        ./__        ー7    /、 l   '゙ ヽ/  ,. '"  \`ー--- ",.::く、
       /;;;''"  ̄ ̄ ───/  ゙  ,::'  \ヾニ==='"/ `- 、   ゙ー┬ '´ / \..,,__
、      .i:⌒`─-、_,....    l   /     `ー┬一'      ヽ    :l  /  , ' `ソヽ
ヾヽ     l      `  `ヽ、 l  ./  ヽ      l         )  ,; /   ,'    '^i






ホノカ「ガスト・・・変態だけどいいやつだと思っていたのに・・・」

DS「屑の子は屑ですか・・・」



      ∧_∧  トンファーキ〜ック!
     _(  ´Д`)
    /      )     ドゴォォォ _  /
∩  / ,イ 、  ノ/    ∧ ∧―= ̄ `ヽ, _
| | / / |   ( 〈 ∵. ・(   〈__ >  ゛ 、_
| | | |  ヽ  ー=- ̄ ̄=_、  (/ , ´ノ \
| | | |   `iー__=―_ ;, / / /ホノカ
| |ニ(!、)   =_二__ ̄_=;, / / ,'
∪     /  /       /  /|  |
     /  /       !、_/ /   〉
    / _/             |_/
    ヽ、_ヽ


         トンファータックル!          ‐=≡ ∧_∧
   ∩  _                     ‐=≡   (´Д`  )
   | |ニ(((( ク     ∧_∧        ‐=≡(  ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ ヽ⌒ヽ
   | |  \ \   (  ´Д`) 、ヽ从 /   ‐=≡  ̄ ̄ ̄ ̄ \ヾ  イ |
   | |  ‐ \_ ̄ ̄7    `⌒ヽ    ;  . ‐=≡‐=≡; :  )>>1|  |
   | |     =  ̄ ̄|    八  ノノ′  . :  ,   ‐=≡  /   /|  |
   ∪    .  _ = .|    | .// W ヾ     ‐=≡  / / / し丿
    .  _ = ._ 〜ヽ|__/ イ         ‐=≡ / / /
    __ = ( ̄ (______/Y     ‐=≡   / / /
    _ =  |  )ー―‐(   丿     ‐=≡ ( ̄ / / DS
     、 、. |  .|     \  \  `:ヽ  ‐=≡  ̄(__/
  ( ヽ: _丿 ヘ.  ` ;   \ \ ⌒/ ヽ
(´ \.从(___) /`)  (、へ(__⌒_)从人/ ;`)




ホノカ&DS「ぐばぁぁぁ!!!」



ガスト「勝手に人の親、馬鹿にしてんじゃねぇぇぇぇぇ!!!!」

プレセア「ガストさん落ち着いてください」

唯一神「お父上はどういう状況だったのだ?」


         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|          

プレセア「それじゃあわかりません


ガスト「(この幼女!)捕まった前の晩、親父は宴会だったんだ・・・それはそれは二日酔いするほど飲んでいたらしく、その後何時間もかかったのに限らず飲酒運転で捕まったんだ・・・」

ジーニアス「ようするに飲みすぎたから一晩たっても酒気は帯びていたんだね」

ガスト「そういうこと。酒は飲んでも飲まれるなよ・・・・・・」



ジーニアス「そういえば今日はなんで僕達がでてきたの?」

ガスト「ブログの編集に文字の色分けの色が追加されたからな。使ってみたかっただけだ」

唯一神「・・・・・・・・」

DS「本当にくだらない理由ですね・・・」

ガスト「!?!?!?!?」




   人
  (_.) まったくくだらないことをする人たちですねぇ・・・くくく
.  (__)
  倉田





                    __
                   l ̄/.  ___
                  / /.  / ___ノ 
              __/ /_/ /
            Y人, ' ',人⌒ヽ、, '
           Y⌒ヽ)⌒ヽ、 人,ヽ)人'、, '
          ノ ̄     ::::::::::::::::::::::)
          (     ::::::::::::::;;;;;;;;;;;;ノ
         / ̄――――― ̄ ̄::::::::\
       (        :::::::::::::::::::::::::::::::::)
       \__::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ  グヴェ・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
デジモンセイバーズ 第33話「最後の決戦!聖、究極進化」
デジモンセイバーズの第33話を見ました。昨日は風邪で寝込んでいたので更新していませんでした。なので、寝込んで録画忘れていたアニメ等は更新できません…。今回は色変えも休止します。第33話 最後の決戦!聖、究極進化デジタルワールドから人間界の海にデジタルダイブ... ...続きを見る
MAGI☆の日記
2006/11/28 20:56
student loan consolidation
a_Ya__a_&&_&a__a_Ta_ra_&a,^a,_a_-a__a_S&~a_,a_-a__a_Ta_, ...続きを見る
student loan consoli...
2006/12/11 12:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今週のデジモンセイバーズ33話 ガスト参式のありきたりな日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる