ガスト参式のありきたりな日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 今週のデジモンセイバーズ46話   そういや赤ずきんのグレーテルってかっこいいよな

<<   作成日時 : 2007/03/11 12:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

ガスト「いやー実は先々週からおとぎ銃士赤ずきんにはまりはじめてにゃ

ホノカ「へー、あんたらしいにゃ・・・ってアレェ!?

ガスト「そういえば今回はこのバトンを消化することになったのにゃ↓」

猫バトン
●これが回ってきたら次に書く日記の語尾すべてに「にゃ」「にゃん」「にゃー」等をつけなくてはならない。
●「な・ぬ」も「にゃ・にゅ」にする。
●一人称は必ず「我輩」にする。
●日記の内容自体は普段の当たり障りのないもので構わない。
●日記の最後に5人!回す人の名前を記入するのを忘れずに!
●既にやったことがある人でも、回されたら何度もやらなければならない。



ガスト「ついでにグレーテルも連れてきたにゃ」

グレーテル「え!?ここは何処にゃ?って我輩の言葉が変になってるにゃー!」

ガスト「うい〜すにゃ」

グレーテル「無理矢理よんでおいてこんなしゃべり方されるとはにゃんてやつにゃん!」

ホノカ「初登場な上にしゃべり方がこれだから、キャラがよくわからんにゃ

グレーテル「でも一体にゃんであにゃたみたいにゃやつが少女向けアニメを見るにゃ?ていうかこのしゃべり方にゃんとかしてほしいにゃん」

ガスト「それは無理だにゃ・・・我輩(執筆者)のスタンド、ヘブンズ・ドアーでこの回はずっと猫語ににゃるよう書き込んでおいたからにゃ!

ホノカ「ジョジョかにょ!

グレーテル「そんにゃわけわきゃんにゃいこと言ってないでなんで我輩を呼びだしたにょ!」

ガスト「それはにぇ・・・」





         /l /  / /../ /''"""     """"'''-,__
        ./ .l /  //∠_∠_______;;;;;;---'''''"""''---'''''
        l  レ  /__________,,,,,,,,,,,,,,,,,--二ニ=--,, -''""""''-,,,
        l  レ ""        ""'''--,,,,__   ""''--,,,,,___"_"-,,
       /"'''''''''''ー−---、,,,,,,___       ""';;;---,,,,,,__ ヽ、 "'''- ,,
      ,,-ゝー-、,,,,__       ""'''-- ,,,,,,__   '-,,    ""''- 、__   
    ∠,-'"  -,,_   "'--,,,___ /'''';;;;;ゝ   "-,"'-,,,,___'-, ,,,-−−--- 二ニ=-
      /ヽ,,,,   ""'-,,,    / /__,,,. '--,,,,, '-,, ,--、      ""''-,,
     ./ /l ""'-,,   "−,,/__/;;) /`''-,,"-,l  l lヽ ヽ   ___,,,,,,,,,,,">
     l / l  /l  l"''-,,,__    ’-''"" "-- ニ=l  l 6 l _,-''"'''−-,,,
     レ  l  l l .l .|.i,;;;ソ "''''--,,,,,'=-     l  .レノ.lノ ,--''"""""'''-,
       ヽl ヽ.l .| '-/             l  l lヽ_/_/""''''-,,,
        i!  ヽl | く,,,...-           l  l l  ヽ/"""'''-         __--''""
           ヽ ヽ   _,,, ===,,,,       l l / __,,,,!--''""l     _,,..-''""   /
             .ヽ  ! ,,,   "      "',,,-','""   ,,..-'''ヽ、 _.-''     /  /
               ヽ          ,-''""   ,-'''、-'"ヽ ヽ//      /  /
                ヽ       ,..-'ヽ,,-''"l  ',""ヽ,.-'"'-"/      /  /
                 ヽ   ,.-'"   ヽ,.-'"   ヽ,-"  /       /  /


画像


我が名はグレーテル!お兄様(ヘンゼル)を護る剣なり!

画像


画像



チェストォォォォォォォォォォォォォォォォォォ!!!!!


画像


我がミスティックグレイブに・・・断てぬものなし!!













グレーテル「私こんなこと言ってにゃぁぁぁぁぁい!!!

ガスト「彼女を見てると某親分とその搭乗機を思い出すにゃ。だかr・・・」


                   _ _     .'  , .. ∧_∧
          ∧  _ - ― = ̄  ̄`:, .∴ '     (    )
         , -'' ̄    __――=', ・,‘ r⌒>  _/ /
        /   -―  ̄ ̄   ̄"'" .   ’ | y'⌒  ⌒i
       /   ノ                 |  /  ノ |
      /  , イ )                 , ー'  /´ヾ_ノ
      /   _, \               / ,  ノ
      |  / \  `、            / / /
      j  /  ヽ  |           / / ,'
    / ノ   {  |          /  /|  |
   / /     | (_         !、_/ /   〉
  `、_〉      ー‐‐`            |_/


どっかからもってきたキャプチャー画像使ってんじゃねえええ!!!にゃ

つうかこのネタわかる人にしかわかんねえよ!!!にゃん


ガスト「わからないやつは「斬艦刀」で検索してくれにゃ・・・(バタ」








−ここらへん猫語無視にゃ−

クレニアムモン「私も人間を信じてみたくなったのだ・・・大門スグルよ!」

智香「え・・・!?」

クレニアムモン「わかるだろう・・・スグルのデジソウルを」


クレニアムモン、バンチョーレオモンのデジソウルの塊を砕き、変わりに自分が支える

バンチョー「なにをしている!?クレニアムモン!」

クレニアムモン「いけ!ユグドラシルのもとへ!」


という経緯があってバンチョーレオモンは大のもとへ駆けつけた
              ↓

大「ふざけんな!バンチョーレオモンがオレの父さんのはずがないだろ!」

バンチョー「番長は嘘をつかない!」


そしてトーマ達も駆けつけ、バンチョーレオモン、過去の経緯を話すことに
              ↓
ユグドラシルを目指していたスグルは、バンチョーレオモンに出会う

バンチョー「ここはオレの縄張りだ!」

スグル「すまんな、オレはユグドラシルに会うという大切な目的があるんだ」

バンチョー「番長と神のどちらが偉い!」


拳で語り合うバンチョーレオモンとスグル

そしてお互いの実力を認め合った

バンチョー「お前・・・名はなんと申す?」

スグル「大門スグルだ。お前は?」

バンチョー「バンチョーレオモンだ」

スグル「番長か、どうりで強いはずだ」


二人はユグドラシルを目指して共に旅をすることになった
しかし、これといった手がかりを得られず、長い時間が過ぎたそのとき・・・


???「ユグドラシルに会おうとしているやつらは貴様らか!」

バンチョー「何者だ!?」

竜巻からクレニアムモンが現れる

クレニアムモン「我は神なるユグドラシル様に使えるロイヤルナイツの一人、クレニアムモンだ!」

スグル「ロイヤルナイツ・・・?」

その単語を聞いたスグル&バンチョーレオモンはおおいに笑った


クレニアムモン「なにがおかしい!」

スグル「いや違う。おかしいのではなくうれしいのだ。ユグドラシルが伝説ではなく実在していたとわかったのだからな」



クレニアムモン「人間ごときになにができるというのだ!」

スグル「見せてやるさ、人間の思いの力を! デジソウルフルチャージオーバードライブ!」

バンチョー「バンチョーレオモンバーストモード!!!」




バンチョーレオモンの拳はクレニアムモンの槍をなんなく吹き飛ばした

???「素晴らしい、まさか人間とデジモンの力がここまでとは・・・・・・」

クレニアムモン「ユグドラシル様!」

スグル「何!?」


ユグドラシルなる大木が姿を現す

そして話し合いをして人間とデジモンが共存できるようになるはずだった・・・


Q,何故デジモンと人間は共存できてないのでしょうか

A,つ 倉田


最悪のタイミングでマッドサイエンティストの襲撃が入り、スグルはユグドラシル内の牢屋に入れられてしまった

スグル「頼む!人間界への攻撃を中止してくれ!」

クレニアムモン「そうはいかん」

スグル「ならばこの命を賭ける」

クレニアムモン「だが・・・」

バンチョー「聞いてやってくれ。この男は嘘をつかん」

ユグドラシル「ならば命を賭けてみせよ」


スグルは牢屋に入り続けることで、人間界への攻撃はやめられることになった


が・・・・・・


Q,何故ユグドラシルは人間を排除しようとしているのでしょうか?

A,つ 倉田


またもマッドサイエンティストの襲撃。スグルは大門大がデジタルワールドにきていることを告げられる。また、彼とその仲間が倉田に全く歯が立たないことも告げられる

スグル「大を助けたいんだ!ここから出してくれ!」

クレニアムモン「何を言っている、約束を忘れたのか?」

スグル「しかし・・・」


息子を助けたい一心がスグルの心を揺さぶるが・・・


バンチョー「ならん!男に二言はない!」

スグル「くっ・・・・・・男に二言は・・・ない・・・」




そして、大門スグルは処刑されることになった

デュークモン「これより大門スグルの処刑を開始する。何か言い残すことはあるか?」

スグル「死にたくない・・・

デュークモン「何?」

スグル「死ぬのは嫌だ!大を一人前になるまで俺は死ねない!」

デュークモン「こいつ・・・」

???「この処刑待った!」


バンチョーレオモンさっそうと登場


バンチョー「見苦しいとスグル!男なら潔く散ってみせるがよい!はぁぁぁぁぁ!!!」


バンチョーレオモンの光り輝く拳がスグルを貫く・・・



           スグルは処刑された


バンチョー「聞けい!ユグドラシルよ!この男は最後まで人間とデジモンが共存できることを信じ続けた!」









がその後

バンチョー「大丈夫かスグル・・・」

スグル「う・・・」

バンチョー「すまんな・・・ユグドラシルの目をあざむくにはこうするしかなかったのだ・・・スグルよ・・・」

バンチョー「俺と一つになれ!」






















Q,「くそみそ」ですか?

A,違います























こうしてスグルの魂はバンチョーの中に入って一つになったのだが・・・


???「神の目をあざむけるとでも思ったのか?」


そう、全てユグドラシルに監視されていたのだ

ユグドラシル「貴様らが戻ってくるまでこの肉体(スグル)は人質にとらせてもらう。もし貴様らがそのことを誰かに告げたらこの肉体は無いものと思え」


バンチョー&スグル「く・・・・・・」

                 ↓


このような経緯があって今に至る
そこにユグドラシルが現れる

ユグドラシル「人間など滅ぶべき存在なのだ」

                 ↓
アグモン達、ユグドラシルにいかに自分のパートナーが大切なのかを話すが
ユグドラシルは聞く耳もたない
                 ↓
ユグドラシルから黒い波動が放たれ、大達、どうすることもできないとき・・・

ユグドラシル「貴様・・・」

バンチョーレオモンが波動をものともせず、仁王立ちでユグドラシルにせまっていった
                 ↓
そしてバンチョーレオモンがユグドラシルを押さえつけ・・・・・・・


バンチョー「俺ごとユグドラシルを討て!大!」

                 ↓

大「そんなことできるわけないだろ!」

大、バンチョーレオモンと父親に必死に反論する


ユグドラシル「馬鹿な!このままではお前まで!」

バンチョー「このことを話したときから覚悟はもうついている!さあ討て!大よ!」

大「ちっくしょぉぉぉ!!!」

                 ↓
大、デジソウルフルバーストでアグモン、シャイングレイモンに進化させる
そしてシャイングレイモンはグロリアスバーストを放った・・・
                 ↓
灼熱の球体に包まれ、その身を散らしていくユグドラシルとバンチョーレオモン。
そして大門スグル・・・
                 ↓

残ったロイヤルナイツ達はあるべき主君が散ったことを知り、破壊活動をやめる

そして海に沈んだ氷塊の中のデジモンも・・・


スレイプモン「ユグドラシルが散ったな・・・」

ディークモン「ああ・・・」

スレイプモン「神は絶対でないことがようやくわかったな・・・」

ディークモン「ああ・・・だがそれに気づくのが遅すぎたみたいだ・・・」

                 ↓

ユグドラシルを倒して人間界に戻ろうとする大達であったが・・・

???「愚か者め・・・」


大地震とともに焼け崩れた大木から、巨大な「なにか」が姿を現したのであった・・・・・・





グレーテル「ねえねえ・・・」

ホノカ「どうしたにゃ?」

グレーテル「途中途中のQとAってどうゆう意味にゃのかにゃ?

ホノカ「どうせそこで倒れてる馬鹿が勝手につけたものじゃにゃん?

ホノカ&グレーテル「・・・・・・」



ホノカ「それにしても物語ももう終盤に入ってきたにゃ」

グレーテル「ええ、後2,3話かしにゃん?」

ホノカ「しかしバンチョーレオモンが以外に策略家だったにゃ」

グレーテル「そういえばそうにょ。見た目は喧嘩一筋って感じにゃのに・・・」

ホノカ「スグルを助けるためにユグドラシルをあざむこうとしたり、大を助けるタイミングを見計らったり・・・」

グレーテル「そのバンチョーレオモンももう退場か・・・・・・寂しくにゃるにゃ・・・」

ホノカ「死亡フラグは前から出ていたにゃん

グレーテル「・・・・・・」






ガスト「さて重大な問題が出てきたにゃ

グレーテル「あ、生きてたんにゃ」

ホノカ「こいつはあれぐらいじゃ死なないにょ。それにしても重大な問題ってにゃににゃ?」

ガスト「実はデジモン終わったらゲゲゲの鬼太郎が始まるにゃ」

ホノカ&グレーテル「・・・・・・」

ガスト「どうしたにゃ?」


            ガスト
             ↓                _人
      ∩    ∧_∧            ノ⌒ 丿
       \ヽ_(    )         _/   ::(
         \_   ノ        /     :::::::\
 ∩_   _/    /         (     :::::::;;;;;;;)
 L_ `ー / /   /           \_―― ̄ ̄::::::::::\
     ヽ  | |__/ |           ノ ̄     ::::::::::::::::::::::)
  | ̄ ̄ ̄\     ノ 気持ち悪い  (     ::::::::::::::;;;;;;;;;;;;ノ
  | | ̄「~| ̄( 、 A , )からしばらく  / ̄――――― ̄ ̄::::::::\
  | |  | |  ∨ ̄∨         (        :::::::::::::::::::::::::::::::::)
  し'  し'                \__::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ


                               __
                         >>1  l ̄/.  ___
                         ↓ / /.  / ___ノ
                        __/ /_/ /
      黙っててくれにゃ      Y人, ' ',人⌒ヽ、, '
                      Y⌒ヽ)⌒ヽ、 人,ヽ)人'、, '
        へ, --- 、         ノ ̄     ::::::::::::::::::::::)
     / ̄ ̄ ̄  、____\       (     ::::::::::::::;;;;;;;;;;;;ノ
    / _/ ̄「~|\ __ \     / ̄――――― ̄ ̄::::::::\
   | |  | | ( 、 A , \ミソ   (        :::::::::::::::::::::::::::::::::)
   し'   し' と∨ ̄∨       \__::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ







ホノカ「さて鬼太郎が始まるとなるとこのコーナーもなくなっちゃうにゃ」

グレーテル「どうするにょよ。鬼太郎考察でもやるにょ?」

ホノカ「いやあいつのことだから鬼太郎見にゃいと思うにゃ。それよりおとぎ銃士赤ずきんの考察をやってみるとかにゃ」

グレーテル「それはきついと思うにゃ。だってもう中盤過ぎたんですもにょ」

ホノカ「そうか・・・それはきついにゃ・・・・・・でもあいつのことだから週一更新なのは変えないと思うにゃ」

グレーテル「暇そうなのにめんどくさがり屋にゃのにゃん」




ホノカ「あ、バトン回す相手指定しにゃきゃにゃ!」

グレーテル「知ってる相手を適当にでいいじゃにゃん?」

ホノカ「どうせガストのせいにしちゃえばいいしにゃ」


グレーテル「じゃあこのリストから・・・


マルドさん
サマヨッタさん
しきさん
Boost starさん
TEPPEさん



てのはどうかにゃ?」

ホノカ「うーん・・・まあいんじゃにゃん?」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
デジモンセイバーズ 第46話「衝撃!バンチョーレオモンの真実」
[[attached(1,center)]]  2つの世界を支えていたバンチョーレオモンをクレニアムモンが救出。番長は急いでマサルの元へと向かいます。  番長の正体はマサルの父・大門英だった!?マサルはすぐには理解できなかったが、父親かしか知らない昔話が決定的な証拠になります。 ...続きを見る
☆マンガ・アニメのファクトリ〜〜?☆
2007/03/11 14:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今週のデジモンセイバーズ46話   そういや赤ずきんのグレーテルってかっこいいよな ガスト参式のありきたりな日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる