ガスト参式のありきたりな日常

アクセスカウンタ

zoom RSS DSの塗装をやっていた

<<   作成日時 : 2007/09/30 15:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ガスト「ここ一週間で色々ブログのデザインを変えてみたんだが」

ホノカ「レッスルエンジェルスサバイバーのバナーが入るように設定したんだよね」

ガスト「そうそう、ついでにブログの模様もパンヤのキャラにした」

ホノカ「パンヤやったことない癖に

ガスト「TE○○Eさんみたいにラスカルにできんわ。好きなキャラいないからとりあえずロリキャラで

ホノカ「というかキャラ前提かよ・・・」

ガスト「これをきっかけに俺もパンヤやろうかと思う」

ホノカ「どうせすぐ飽きるんだろうからやめたら?」



ガスト「実は思いつきでニンテンドーDSの塗装をやったんですよ」

ホノカ「へぇーあんたにしては珍しく積極的だね」

ガスト「んで用意したものはこちら↓」


       タミヤカラー(ロイヤルブルー)
       薄め液
       Mrメタルカラー(ゴールド)
       安物の塗装用筆
       セロテープ
       綿棒


ホノカ「筆塗りするんだね」

ガスト「うん、内部に塗料が入らないように塗るのは大変だった

ホノカ「ちょっと待て貴様」

ガスト「?どうしましたか?」

ホノカ「普通こういうことするときは一旦分解するはずでしょ。内部の精密機械に塗料が入ったら壊れるよ。保証もきかないし

ガスト「保証期間なんぞとうの昔に過ぎてるからモーマンタイ

ホノカ「・・・・・・」



ガスト「さてまずは機器の穴があいてるところにセロテープを貼る。そして塗る」

ホノカ「一応入らないように気をつけているのか」


画像



ガスト「テープ張っているから大丈夫だろうけどやっぱり心配なので気をつけたぜ」

ホノカ「実際裏に染み込んだみたいだしね



ガスト「テープをはがして塗る、色の薄いところを塗ったりしたら完成

ホノカ「早っ!」

画像



ガスト「作業自体は長くても文にすれば大して長くもないんだぜ?」

ホノカ「まあ確かに・・・」



ホノカ「そういえばゴールドは何に使ったの?さっきの画像じゃどこにも使っていそうにもなかったけれど・・・」

ガスト「ああいい忘れてた。これ↓」


画像



ホノカ「キュウコンシルエットか・・・ちょっと恥ずかしいな(色んな意味で)」



ガスト「ついでにこのシルエットの作り方も紹介しておくか。まずは型紙を用意。インターネットから適当に画像を調達してサイズをDSに収まるように調整する」

ホノカ「この前プリンタ使っていたのはそういうことだったのね」


画像



ガスト「型紙をでんぷんのりとかで貼って塗装、乾くまで待つ」

ホノカ「あんたは小学生か


画像



ガスト「型をはがして着色したらはみ出た部分を修正する」

ホノカ「『Nintendo』ロゴについた塗料はどうしたの?」

ガスト「綿棒に薄め液染み込ませてふき取った。薄め液(有機溶剤)は偉大


ガスト「ニンテンドーDS・キュウコンエディション、価格はみt」

ホノカ「売り物にできるってレベルじゃないでしょ。ところどころにムラがあるし」

ガスト「目が薄いヤスリとツヤ消しでも使って修正するかな・・・」



-----------------------------------------------------------------------


ガスト「さてレッスルエンジェルスサバイバー雑記、早いものでもう9回目ですよ」

ホノカ「続編の開発もされてるしね。さっさと終わらせたほうがいいよ」

ガスト「そういえば真鍋って先輩相手でもタメ口だったんだね

ホノカ「ここでは誰が年上か年下か少しはわかりやすいように敬語の有無は分けておいたんだけどね・・・」

ガスト「見に来る人はレッスルエンジェルスをしってるわけじゃないからな」

ホノカ「むしろ見に来る人自体少ないけどね





9年目4月

榎本「今年は新人の人こないのかな?」

辻「今年は雇う気がないって聞いたよ」



6月

金森「♪♪♪」

真鍋「o........rz」

辻「なんだこのテンションの差は

金森「私のファンクラブ♪」

真鍋「こんなに魅力的なのにどうしてorz」

マイトス「金森先輩はファンクラブができたのに対し、真鍋先輩は失恋したみたいです

千秋「くだらねえ、男の1人や2人離れていったぐらいで縮こまってんじゃねえ」

真鍋「恋愛の一つもしたことのない悪人にはわかりませんよーだ('A`)」

千秋「んだとぉ!」

榎本「落ち込んじゃ駄目だよつかさちゃん!」

真鍋「綾・・・・・・」

榎本「つかさちゃんには私がついているから!尻軽な男よりも私のほうがつかさちゃんのことをわかってあげられるんだから!

真鍋「ありがとう・・・」


(抱き合う二人)


辻「なんだろう・・・なんか釈然としない

榎本「ニヤリ(計画通り・・・)」

辻「!?!?!?」


7月

新咲「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!!!(ガツガツガツガツ)」

真田「新咲先輩荒れてるっすね・・・あんなにカレーやけ食いしちゃって・・・」

ひかる「失恋したのが原因ですね・・・もう20皿目よ

真鍋「新咲にも早く人生のパートナーがみつかるよいいよねー、綾」

榎本「そうだね〜つかさちゃん」

辻「・・・・・・」


藤原「そういえば武藤さんはどこいったの?」

マイトス「写真集撮影だとか言ってましたよ」



8月

新咲「♪♪♪(ガツガツガツガツ)」

真田「新咲先輩今度はうれしそうっすね」

ひかる「ファンクラブができたそうよ

辻「結局カレー食うのかよ


画像



ガスト「で保科↑が引退したわけだが」

ホノカ「今までほとんど出番がなかったからなぁ・・・」

ガスト「選手達にとっては印象残ってるんだろうけど、オレは正直、試合以外は眼鏡をつけているということしか印象がない

ホノカ「特定の選手だけじゃなくて他の選手にも目を配りなよ」


9月

画像



つばさ「今月から入団したアプリコットつばさだよ〜」

榎本「サッカーやってるんじゃないの?

辻「つばさ違いだから

藤原「じゃあNHKのアニメ?」

マイトス「それはツバサ

真鍋「てかその格好見てると『翼をください』って歌がエロく思ってくるよねー

つばさ「すけすけですから」

辻「・・・・・・」



10月

辻「やっぱりこれ以上は無理みたい・・・・・・」

真鍋「辻先輩どうしたのー?」

榎本「お腹痛いの〜?」

辻「いやそうじゃないんだけど・・・・・・」

真鍋「じゃあ一体なんなの?」

辻「・・・いややっぱりなんでもないよ」

榎本「?」

真鍋「変なのー」



数日後



真鍋「なんで今まで気づかなかったんだこんちくしょう・・・orz」

榎本「いなくなっちゃうなんてやだよう・・・orz」

金森「仕方ないよ・・・・・・団体設立のころからいる先輩達が引退しているんだから・・・」

真鍋「だからといって今まで何も言わずに引退するなんてむごすぎるorz」



真田「みんなぁぁぁぁぁ!!!辻先輩の送別会をやるから準備してください!」

真鍋「!!!」

ひかる「真鍋さん、榎本さん、寂しい気持ちはわかりますけれどそんな顔をしてては辻さんも出て行くに出て行けませんよ」

真鍋「そうだった!辻先輩が笑って寮から出て行けるように頑張らなきゃ!いくよ綾!」

榎本「うん!」

ガスト「あいよ!」



            ノ∩
           ⊂ガストヽ
            /( 。Д。 )っ 
            U ∨ ∨
         ・@;∴‥
   ∧_∧ ∩  :: :.    
  ( ・∀・)/  :: ::
  (つホノカ/  :: :'
  人⌒l ノ  :: :: 
  し(_) はいはい社長室に帰りましょうね



12月

エキストラリーグ終了後


ガスト「武藤といえば『武装錬金』読みたくなるんだが優勝おめでとう

ホノカ「いきなり何言ってるのさ。それはともかくおめでとう」

新咲「ありがとうございます!」

武藤めぐみ「・・・・・・」

ホノカ「どうしたの?」

武藤めぐみ「・・・・・・なんでもありません」

ガスト「そういや最近技の切れとか悪くない?動作の一つ一つが鈍くなっているような・・・」

ホノカ「大して観戦もしないくせに何言ってるのさ」

武藤めぐみ「いえ・・・・・・社長の言うとおりなんです。去年よりも衰えが激しくなって・・・・・・もう私、駄目かもしれないんです・・・」

ホノカ「そうなんだ・・・・・・」

新咲「そんなことないですよ!武藤先輩はまだまだ現役でいけます!」

ホノカ「新咲さん・・・」


ガスト「とりあえずだ。後一年ちょいでファイナルリーグが開催される、それまで頑張れるか?」

武藤めぐみ「はい・・・」

ホノカ「くれぐれも無理はしないでね、やめたくなったらいつでも言っていいから・・・・・・」



1月

真田「・・・・・・」

榎本「あ、バーニング真田さんだ、お〜い」

真田「あ・・・・・・」


(真田立ち去る)


真鍋「何アレ?感じ悪」

マイトス「ボクのときもあんな風だったなぁ・・・一体どうしたんだろう?」

真鍋「でもむかつかね?あんな態度とられたら」

榎本「何も悪いことしてないよ〜?」

マイトス「先輩達に聞いてみようか」



真鍋「藤原先輩藤原先輩」

藤原「あ、ちょっと待って、今これ録画するから」

榎本「仮面ライダー?

藤原「もうすぐラストスパートなんだ。で用件はなに?」

真鍋「最近真田のやつが舐めた態度を取っていやがるんですが、どうしましょう?」

藤原「どうしやがりましょうって・・・・・うーん・・・」

マイトス「ボク達本当に覚えがないんですよ・・・まあ真鍋先輩に対してはいつもと変わらないみたいなんですが・・・」

榎本「わたしとマイトスちゃん何か悪いことしたのかな〜?」

藤原「うーん・・・原因はよくわかんないけど一回戦ってみるといいんじゃない?」

真鍋「へ?なんで?」

藤原「これまで敵だった人同士が戦って友情が芽生えることだってあるし

マイトス「ちょっと待ってください。以前はそんなに仲が悪いってほどじゃなかったんですよ

藤原「でも拳で語り合えば見えてくるものもあるはず というわけでみんなで真田の部屋にいこう!試合をするために

真鍋「綾、もう一人の香澄ん、逃げるよ!」



真鍋「聞く相手を間違えた・・・」

マイトス「で、もう一人の香澄んってどういうことなのさ」

真鍋「だって辻先輩にクリソツだし

(ガスト『というか2Pカラー』)

榎本「?」


ひかる「あなた達、どうしたの?」

榎本「ひかるさんだ〜」

真鍋「この人なら頼れるかも」

ひかる「?」

マイトス「実はですね・・・・・・」


ひかる「あら、そういうことなの、それは困ったわねぇ・・・」

マイトス「廊下で顔を合わせても挨拶してもすぐそっぽ向くし・・・正直言って辛いです」

榎本「私達なにもしてないのに〜」

真鍋「何が原因わかりますー?」

ひかる「それは恐らく彼女に遺恨が生まれたのね

榎本「いこん?」

ひかる「ええ、特定の選手に対してみっともなかったい負け方をすると相手を恨むようになってしまうのよ・・・

真鍋「そういえば先月、綾ももう一人の香澄んも真田のやつに勝っていたよね

榎本「うん、ヒップアタックが決まったよ

マイトス「特定の選手ってことはわかりましたけどなんでボク達が特定の選手なんです?真田先輩が負けた人は他にもいるのに・・・」

ひかる「いえその・・・それは・・・」

真鍋「もったいぶらずに言えばいいのに」

榎本「教えて教えて〜」

ひかる「本人にとって自分よりも評価値が低い選手とか・・・


      自分よりも評価値が低い
            ↓
  真田と榎本、マイトスの評価値の差は200以上
            ↓
         つまり格下


マイトス「それって・・・」

真鍋「なんだかなぁ・・・」



2月

   どうでもいい
ニア 頼む!仲良くなってくれ!
   犯してでも仲直りさせる


ガスト「だから善処してくれないか?」

真田「確かに自分が悪かったし・・・・・・」



真田「マイトス香澄さんすみませんでしたー!orz」

マイトス「あ、いいですよ先輩・・・そこまで土下座しなくても・・・頭を上げてください・・・」

真田「はい!すみませんでした!」

榎本「仲直りできてよかったね〜」




真鍋「あれ、綾とは?」



-----------------------------------------------------------------------

ガスト「さてレッスル雑記、いよいよ大詰め」

ホノカ「ようやく終わるんだね・・・・・・ん?」


ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・・・・・


DS「ホノカさん・・・・・・」

ホノカ「DS!OFFレポートでもないのにどうしたんだよ!」

DS「好きです!同じ墓に埋まってください

ホノカ「それってつまり生涯をともにしろってことじゃないか!急にどうして・・・」

ガスト「キュウコンエディションに染めたのが原因か(上記参照)」




DS「ホノカさぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!!!!!!」


ホノカ「いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!」


武藤めぐみ「ベッドで愛を育みましょう!」


金森「私も私も〜♪」




ホノカ「あんたたちいい加減に・・・ぁん」



     ホノカ(性的な意味で)フルボッコ







ガスト「やれやれだぜ・・・」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
DSの塗装をやっていた ガスト参式のありきたりな日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる