ガスト参式のありきたりな日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年入ったバイトの娘が小学校時代の同級生だった

<<   作成日時 : 2007/12/24 22:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ガスト「帰ってきたどー」

ホノカ「あれ?今日は早いね」

ジーニアス「いつもはこの時期忙しいのにね」

ガスト「今年は例の不祥事もあったし、新しいバイトも入ったから、去年よりもグッと楽になったんだ」

プレセア「それは良かったじゃないですか」

ガスト「というのもそれは昨日書いてた時(23日)の話、今日も例年通り、恐ろしく忙しかったのです

グレーテル「とんだ裏話ね」

ホノカ「あれ!?グレーテルがどうしてここに・・・・・・」

ガスト「今日はクリスマスだからな、今までブログ内に出てきたキャラを出来る限り出す」

ホノカ「多いというほどキャラいないでしょ」

ガスト「思い出しながら書いているから出ないやつもいるがな」

神楽「なんで現在進行形アルカ?」

ミヒロ「これ書いているの23日だからだと思うよ」

ガスト「出ないやつは別のところでクリスマスやってるということにするわ。レッス○○ンジェル○のメンバーとか

ホノカ「そういう裏話はいいから」



ガスト「話を戻すが、去年よりは楽になったとはいえ、バイト料も比例して減ったから正直複雑な気分なんだ

ジーニアス「我が侭言うなよ」

プレセア「働かざる者食うべからずです」

グレーテル「微妙に違う気がするわ」

ホノカ「てか今回グダグダだな」

ガスト「今回はクリスマスだから俺が書きたいことを書きなぐることにしている

ジーニアス「それってほとんど駄文ってことじゃ・・・・・・」

プレセア「元々からじゃないですか」



???「おーいっぱいきてる」

神楽「おまえ誰アルカ?」

???「お前こそ誰だよ」

ホノカ「R.O.D(TV版)のアニタちゃんじゃない」

アニタ「そうだよ文句ある?」

グレーテル「随分乱暴な口調ね」

ミヒロ「神楽ちゃんに似てるね」

神楽「似てねーヨ」

こなた「この言葉使い・・・・・・この娘はツンデレの素質あるね」

つかさ「こなちゃんいきなり現れるね」

ジーニアス「つかささん・・・・・・人のこと言えないよ・・・・・・」

アニタ「・・・・・・いつもこんな調子?そこの変な仮面被ったやつ

ジューダス「(っ!?)ふん、そうみたいだな」

アニタ「みたいって知らないのかよ」

神楽「こいつ一回出ただけだからナ

ジューダス「貴様・・・・・・っ!」


つかさ「あれぇ?アニタちゃんだー」

アニタ「あ、つかささん、こんなところにもいたんだ」

神楽「おめーら知り合いアルカ?」

こなた「アニメキャラバトルロワイアルスレ2rdの死者スレで知り合ってるからね」

グレーテル「随分物騒なところで出会ったのね」

プレセア「そういえば私とジーニアスも、神楽さんと別の場所で会ってますよね」

ジーニアス「ろりしょたバトルロワイアルの死者スレだったね」

ミヒロ「何気にネタバレまみれだよ・・・・・・」


ガスト「・・・・・・ふふふふふふふふ


ジーニアス「なにいきなりキモイ笑い方しているのさ」

プレセア「まさか・・・・・・」


ガスト「俺好みのロリキタァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!!!!!!!」


アニタ「うわ!?なんだこの変態!」


 ビュンビュン(紙を投げる音)


サクッ□(;゚Д゚)
   ↑
   紙


ガスト「アーッ!!!」

グレーテル「か、紙が・・・・・・」

つかさ「手裏剣みたいに刺さってるねー

こなた「ほほぅ、これが紙使いの能力か・・・・・・」

ガスト「ぁ・・・ぅぁ・・・」

ジューダス「まだ生きてるようだな」

アニタ「この変態!ド変態!!月刊変質者の編集者め!!!(ビュンビュンビュンビュンby)」

グレーテル「情け無用ね、そろそろやばいんじゃない?」

神楽「てか月刊変質者なんて誰が買うんだヨ」


ガスト「ノーダメージ!(最近のジャンプの新連載風に)」


ジーニアス「復活した!?」

ガスト「俺は生きる!生きてアニタたんと添い遂g」



ホノカ「闘気炎斬剣

ガスト「ぎゃふん」

ジーニアス「炎の剣士なんて随分マニアックな・・・・・・」

神楽「そんな微妙なモンスターの技、変態の最後にはふさわしいアルナ

アニタ「あ・・・・・・あ・・・・・・」

ミヒロ「どうしたの?」


アニタ「ぃやあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!」


プレセア「一体どうしたのですか!?」

アニタ「やぁぁぁぁあぁぁぁぁぁぁ!!!


???『説明しよう!アニタは炎にトラウマがあるのだ!』

グレーテル「なるほど。だからホノカさんの闘気炎斬剣でそのトラウマがよみがえってしまったのね」

神楽「おまえのせいアルヨ」

ホノカ「う・・・・・・」

ジューダス「というかこの声は誰だ?」


画像

ガスト「俺だよガストだよ」


ジーニアス「!?モンスター化してる・・・・・・」

ガスト「ロリ達と添い遂げるまでは死ねんよ

アニタ「ぁぁあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!

プレセア「このままではアニタさんが危ないです!」

グレーテル「早くこのモンスターをなんとかしないと!」

ホノカ「じゃあ私g」

つかさ「ホノカさんはやめたほうがいいよー

ホノカ「くっ・・・・・・!」


???「ふぅん。久々に来て見たら雑魚モンスターががわいているようだな」

ジーニアス「誰!?」

海馬「いでよブルーアイズ!」

ミヒロ「海馬社長だーっ!!」

海馬「滅びのバースt」

                       ノレ一´ ̄`ゝ
                      / _ム-一-'フ´`>、 エンテイビーム!
                    /´ / ___/ ̄フ`ー、_
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ  く_  r、`ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` _,> `く ̄ ̄ヽ、          , '7
                    ノ 、  \   r-' ̄     \   >1       _,-'´ /
                   〈  ,イ`i  :i   |       「 ̄`ー /  |    _,-'´  /
                    i :ト、 | i、   i      | `i   /   | /レ'´    /
                     i | |`T| ハ  ハ      ト、|  /   / /     / __,-フ
                    `ト | :|´  i i |      i`、 /  /  /      ̄  /
                     Y |   V  |      `i y' /   ム    / /
                     i   |     |       Y〔         / ∠__
                     i  |      |       トゝ`ー、     / /     `>
                     /   |    |      , |    `ー、_/    __,-r<´
                    ノ|   |     |      人 |      `ー、__rT´   ノ  `i
                     |   |    |  i   リ i ソ          |     ノ



ガスト「GYAAAAAAA!!!」


エンテイ「やあみんな!約1年ぶりに参上した、みんなの唯一神ENTEIだ!・・・ん?」


海馬「滅びのバーストストリーム!


エンテイ「GYAAAAAAAAA!!!」


海馬「ふぅん、俺の邪魔するをするからだ」

一同「・・・・・・」



アニタ「ねーねー、そういや私、今日誕生日なんだけど(立ち直った)」

プレセア「こんな日が誕生日なんて珍しいですね」

ジーニアス「まあガストの例もあるんだし(12月31日生まれ)」

神楽「幼馴染に同じ日に生まれたやつがいるぐらいだからナ

アニタ「あんな変態のことなんてどうでもいいから祝え

神楽「新参の癖に生意気アル」

アニタ「ほとんど出ていないやつに言われたくないわい」

神楽「てめぇ!表でろアル!」

アニタ「ぁん?やってやろうじゃん」

ミヒロ「2人とも落ち着いて・・・・・・」


???「アニタちゃ〜ん

???「姉さん、声大きい・・・・・・」


グレーテル「軽そうな女長い女が来たわね」

アニタ「あ、ミー姉とマー姉」

ミシェール「アニタの姉のミシェールで〜す」

マギー「マギーです・・・・・・よろしく・・・・・・」

神楽「随分似てない姉妹アルナ

アニタ「・・・・・・血は繋がってないからね」

ミヒロ「え!?それじゃあ・・・・・・」

海馬「くだらんな。姉妹(きょうだい)に血の繋がりがあるかどうかなど意味のないことだ

アニタ「海馬・・・・・・」

ミシェール「アニタちゃんもいいお友達を持ったものね・・・・・・」

海馬「勘違いするな、このガキの友人になどなった覚えはない。俺は正しいことを言ったまでだ」

こなた「なんというツンデレ


マギー「・・・・・・」

ジューダス「どうした?」

マギー「これ↓・・・・・・」

画像



ホノカ「ガストが買ってきたケーキじゃん」

ジーニアス「それじゃあみんなで食べようよ」

プレセア「でもジーニアス、これだけでは全員分足りません」

ミシェール「私達が買ってきたケーキも足せば足りるんじゃないかしら?」

マギー「先生を呼んでも十分足りる・・・・・・」

ミシェール「そういえばそろそろ先生が来るかしら。来るまでケーキはお預けね

つかさ「早く食べようよ〜」

神楽「腹減ったアル。さっさと食わせろアル」

アニタ「ちょっとぐらいならいいじゃん」

ミシェール「仕方ないわねぇ・・・・・・でも先生の分は残しておくのよ」

一同『はーい』











ガスト(そういやバイトの女の子から同窓会について知らされたんだけど、幹事がgdgdなんだってよ)

唯一神(それはまた災難だな)

ガスト(連絡自体行渡ってないし、幹事は集まった人が同窓会と思える会に終わればいいやって思ってるとか

唯一神(それは最早同窓会ですらないな)

ガスト(ああ、てか俺その日に予定があるしな)

唯一神(む?そういえば同窓会は何日なのだ?)

ガスト(成人式。集合場所はどっかの居酒屋)

唯一神(どっかって・・・・・・まだ集合場所すら決まってないのか)

ガスト(まあな。でも今は別に良い希ガス)

唯一神(確かに予定まではまだ日にちがあるからな)

???『君達、いつまで巻末を占領しているのかな・・・・・・』


       .//:.:.:.:.:.: /.:.:.:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:.:.:.:.:ト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
     ./:.:/:.:.:.:.:.:.:/:.:.:./:.:.:./:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨.:.:.:.:.:ト、\:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
     /:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:/:.:.:.:.|:.:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:| \\:.:.:.:.:.: |
     l:.イ:.!:.:.:.:.:.:./|:.:.|:.:.:.:./!:./l:.:.|:.:.:.:|:.:.:.:|:.:.:.l:.:|:.:.|:.:.:.|:.:.:.:.:∧  | |:.:.:.:.:.:.|
     l/|:.:|:.:.:.:.:/.:.|:.:.|:.:.:/‐l/-|:.:ハ:.:.:ハ:.:. |:.:.:.|: |:.:.|:.:.:.|:.:.:.:/ |   | l:.:.:.:.:.:.:,
       V',:.: /:.:.:.|:.:.l:.:.:.|<圷示 ∨|ー-|:./」_:|:.:.|:.:./:.:.:/  :|   | |:.:.:.:.:.:.:',
       !:∨:.:.:.:.:|:.:.|、.:|l ゞ='   ヘ| 'イ圷示/|: /:/'^レ   ∨  |:.:.:.:.:.:.:.:',   
        |:.:.:.:.:.:.:. |ヽ| ヽ|    ,    ゞ=' ′|/:/|r;/      \. |:.:.:.:.:.:.:.:.:',  
        |:.:.: / ̄ ̄\ヘ.    ′       /イ:.:.|/、   ___ヽ|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',  
        |:/      /|:.:\  ` `     / |:.:/  「|Y´     \:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
      /       //|:.:.| \__ .. イ |,|/  l|:| |      ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:',
     ./       /〈. Vリ   | \_>'′  l      |:| |         ∧:.:.:.:.:.:.:.:.',
   ./       / \\  l| !ニニ}   /    ,./ |           \:.:.:.:.:.:.:',
  /.        ;' //  | |::|    /'     \ |           \:.:.:.:.|
 「 \         /  \\   .|/⌒ニニニ/      〉〉 |        /  〉:.:.:|
  \ \   _|    \\ .|    /     //  |        /    /:.:.:.:.|
   \  ̄    |     \\V   /  _ <イ    |     _,/    ∧:.:.:.:.|
.      \   _ハ     __\ ∨ /r<<___    ハ´ ̄、       / |:.:.:.:.|
      ノ  / ハ   |:::::::::::::`T::T::´ ̄::::::::::::::/-.、  / ゞ   ー  イ  ',:.:.:.:|
     〈       ト、 ハ:::::::::::::::L::i::::::::::::::::::::::/::::: || ∧  ∨      `ヘ   ',:.:.:|


ガスト&唯一神((!?!?!?!?!?))

な○は○ん「少し・・・・・頭冷やそうか・・・・・・」








その後、ガスト達を見たものはいなかった・・・・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今年入ったバイトの娘が小学校時代の同級生だった ガスト参式のありきたりな日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる