ガスト参式のありきたりな日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 仮面ライダーキバ21話 俺の肩は凝らない肩だ

<<   作成日時 : 2008/06/22 11:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ガスト「気に入ったサイトがフリーリンクだったからリンク貼ってみた

ホノカ「擬人化されたポケモンを『亜人』とか呼ばれて扱われる小説がメインだったわね。 『亜人』はポケモンと人間のハーフだとか」

ガスト「そんで『亜人』は人間から忌み嫌われ、みんな知ってるあの組織によって存在を隠されてはお約束のごとく外道な扱いを受けてるというダークな雰囲気の世界観。 登場亜人は幼女が多い(主観)ので、ベアード様を呼びたくなるぜ

ホノカ「リンク先おかしいわよ。 その世界観が他の擬人化とは一線を画してるのよね。 元ポケモンじゃなくて獣姦から生まれた産物って設定だから」

ガスト「『ひととけっこんしたポケモンがいた。ポケモンとけっこんしたひとがいた。 むかしはひともポケモンもおなじだったからふつうのことだった』つまり亜人は昔からいたんだな」

ホノカ「ダイパ絡めると余計ややこしくなるわね」

ガスト「さて人様のサイトの(勝手な)紹介はここらにしてキバいくかキバ」



現代編
・健吾、名護さんの前回までの戦いっぷりに惚れたのか、名護さんを師匠と呼ぶように

・弟子になりたければ月謝を払うように健吾に要求。世間の厳しさを教えているらしい

・健吾、月謝は無理な代わりに、名護さんを合コンに誘うことに

・名護さん当然反対する。 が、恵も行くことになり名護さんも参加するように

・そして合コン、渡と名護さん、それぞれ女性に気に入られたようだ

・ウェイトレス、注文を言い間違える。 糞長いメニューだったから無理もない

・健吾と恵は特に何もしてない。 元々仕掛け人だし

・ウェイトレス、アイス頼んでないのに持ってくる。 また間違えたらしい

・流れは王様ゲーム、名護さんは無理矢理王様になって合コンを解散するように命令。 元々そのためにここに来たのだとか

・そこにも惚れる女性A

・ウェイトレス、転んで、渡と名護さんにあんみつをぶちまける
753『責任者を呼べ!』


・ウェイトレス、店長から警告。 その後早退して店を出て行く

・渡、彼女のことが気になってドジっ娘ウェイトレスを追いかけることに

・渡、ドジっ娘ウェイトレスを慰める。 結構いい雰囲気

・ファンガイア発生、名護さんが直行して立ち向かうが戦闘曲かかったのにすぐ逃げられる

・キバも立ち向かうけど、やっぱり逃げられる。 透明になれる能力を有しているみたいだ


過去編
・音也とゆりの関係がよくなってきたので、次狼がゆりにプロポーズ
婚約指輪を渡す

・ゆり、悩みを友人に打ち明けたら、なぜか合コンすることに

・そして合コン当日。 男:音也 次狼 力(次狼の知り合い)
              女:ゆり ゆりの知り合い×2

・音也と次狼はゆりを取り合う。 それにしても次狼必死である

・一方力は、一人の女性から好意を持たれるものの・・・・・・

力『お前 俺の子孫 産め!』

破局。

・力は、怒って帰った女性を追いかけ、彼女を・・・・・・
うん、彼人間じゃないしね。フランケン族だしね

・音也『何処行ってきたんだ?』
 力『食っちゃった』
 音也『お前・・・・・・やるな!』

どういう意味で食べたかは知らん

・そして音也、めぐみの知り合いの一人が幼馴染だということに気づく
幼稚園の頃から女たらしだったらしい

・力は物足りないとか言って早退

・音也と幼馴染は、久しぶりに会ったせいか話が盛り上がる

次狼『カップル成立だな』

いや久しぶりに会ったからってだけかもしれないけど

・力、女襲う服屋のファンガイアを追い払うが、襲われた女性を食べちゃう
どういう意味でかは知らんが







ガスト「とりあえず過去編面白いよ過去編」

藤原「音也と次狼の意地のぶつかり合いとか面白かったですね」

ホノカ「次狼の意外な一面発見ね」

ガスト「そういえば彼、おニャン子クラブの大ファンなんだよな。 ある意味バッシャーやドッガよりも個性的。」

藤原「現代編ではおニャン子クラブ解散してますが、次狼はそれを知っているのでしょうか?」

ホノカ「確かにキャッスルドラゴンに幽閉されているけど、流石に古いグループだし解散したことぐらい察しがついてるんじゃないの?」

ガスト「そんな彼の知り合いの力(ドッガ)も個性的、基本片言で表情豊かなダンディです」

藤原「一族の存続には消極的かと思ってましたが、合コンであの発言ですから」

ガスト「お前・・・・・・俺の子孫・・・・・・産め!」


            ノ∩
          ⊂ガストヽ 
           /( 。Д。 )っ
           U ∨ ∨
         ・@;∴‥
   ∧_∧ ∩  :: :.
  ( ・∀・)/  :: ::
  (つホノカ/  :: :'
  人⌒l ノ  :: ::
  し(_)


ガスト「何をするだァ――――ッ!」

ホノカ「ごめんなさい、つい反射的に殴ってしまったわ」


ガスト「さて現代編、また名護さんが(変な意味で)活躍しましたよ」

藤原「今度は合コンクラッシャーですからね。 王様ゲームで管理統括とか言い出しますし本当に面白いですよ」

ホノカ「その上勝手に王様になってるからね。 そういえば今回ファンガイアの影が薄かった気がするわ」

ガスト「服屋の店長たって音也達とは特に絡んでないからな。 というか過去編ではまだ力としか会ってない」

藤原「現代編でも人間時の姿は見せてないですね。 今回はちょっとした顔店でしょうか?」

ガスト「バトル自体短かったしな。 今回のバトルはどうも盛り上がりに欠ける」

藤原「ダークネスムーンブレイクでるかと思ったらあっさりかわされてしまいましたし・・・・・・」

ホノカ「ちゃんとした演出がないから結果は大体予想できたけどね」

藤原「来週はちゃんとバトルしてほしいです。 確かにストーリーも面白いですけど、やっぱり特撮なんだから戦わないと盛り上がりません」

ガスト「まあ20数分という短い時間でストーリーとバトルを満足いくぐらい詰め込むのはきついんだろ。 だからバトルメインの話をたまに組み込んでくれればいいさ」

ホノカ「確かにストーリーは悪くはないわ」























ガスト「でも子供向けだから結局戦闘ないと視聴率下がるんだよね」

ホノカ「世のお母様方がいるから一概にそんなことは言えないわよ」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
仮面ライダーキバ21話 俺の肩は凝らない肩だ ガスト参式のありきたりな日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる