ガスト参式のありきたりな日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 仮面ライダーキバ29話  夏OFF行ってきた

<<   作成日時 : 2008/08/25 22:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ガスト「やべぇ、ゼロの使い魔のクロススレおもすれー」

ブルー「ゼロの使い魔ってあんた見たことないんじゃないの?」

ガスト「エロ画像ならあるぜ!」

ルージュ「相変わらず下品だな君は・・・・・・だが休日を丸々削って見たとなると中身が気になる」

ガスト「いや単に『ゼロの使い魔のルイズが召喚したのが主人公じゃなくて他のキャラだったら?』ってネタの集まりってだけだ」

ブルー「そういえばクロスオーバー好きだからねあんた」

ガスト「まあな。 ちなみに印象に残ったキャラといえば


『某歌のお姉さん創作』のスプー
『エイリアン』のエイリアン
『バイオハザード』のタイラント
『バイオハザード』のTウイルス
『ターミネーター2』のT-1000
『ゴジラ』のゴジラ
『沙耶の歌』の沙耶



とかかな?」

ブルー「ろくなやついねぇぇぇぇぇぇ!!!!!!」

ルージュ「ハルマゲドンでも起こしたいのか君は」

ガスト「だって印象に残っちゃうんだもん」

ルージュ「その気持ちはわからんでもないが・・・・・・」

ブルー「ていうか何回ルイズはこうゆうやつらにキスしなくちゃいけないわけ?」


ガスト「ゼロ繋がりでロックマンゼロとか、ミスターゼロ繋がりでクロコダイルとか某悪魔から進化した冥王とかの絡みは面白かったな。 残念なことにエターなってるけど

ルージュ「エターなる? なんだそれは」

ブルー「まあ長編となるとどうしても出てくるよねぇ・・・・・・」

ガスト「読者としては一度投下したネタは完結させてほしいな。 面白いのにもったいないぜ。 20話以上投下されたのに半年以上更新ないSSとかあるし」

ブルー「はまった側としてはやるせない気持ちだよ」

ルージュ「??」







DS「さて突然ですがOFFの時間です」

ブルー「あーそいえば行ってきたんだっけあんたら」

ルージュ「珍しく20人ぐらいの大人数のOFFだったな」

ガスト「Mさんのとこで開かれたからな。メンバーは

創世神HIROさん
Boostお兄ちゃん
TEPPEさん
シルドさん
Are(R)さん
鴎さん
ナビさん
唯利さん
サマヨッタ魔法少女まじかる☆さまよん
ガスト参式(『参式』ってみんなつけてくれないんだ)
Usan遊迷人さん
ノンキさん(ヒバナの絵のときはお世話になりました)
Raikoさん
ハーテンノールさん
たなとしさん
アーマルドシュワルツネッガーさん(略すときはマルドさんで)
シロさん
魔影さん
作戦参謀Mさん(サイトを使って今回のOFFに大きく貢献してくれた人)

だ。 地方出身の人も何人か参加しているな」

ブルー「ちょっと私情が入ってなかった?

ルージュ「ちょっとってものか? これは」

ガスト「気のせい気のせい」

DS「てかHIROさんいますよHIROさん」

ブルー「誰?」

ガスト「知らない新参者のために説明しておくと、一般ピーポーだったオラ達をポケモン廃人のロードへと導いてくれた御方だ」


DS「」

(しばらくお待ちください)

















ルージュ「ガストは?」

DS「ハッテン場にぶち込んできました

ブルー「アーッ!」





DS「そしてマスター、ポケモンを家に忘れてきたショックから立ち直ってみんなでカラオケ店に直行なのです」

ブルー「ポケモンのOFFでそれはないわ」

ルージュ「まあどうせ適当にどんちゃん騒いで6時前になったら解散なんだろ」

DS「いえ二次会もありますよ」

ブルー「20人近くで夕食なんて大丈夫?」

ルージュ「参加者には未成年もいるし半分以上は帰るんじゃないか?」

DS「ところがどっこい、ほとんど人数変わっていません

ルージュ「地方からの参加者はまだ遊び足りないのか」

ブルー「高い金かけてるからねー」

DS「そして決まった行き先が居酒屋、20人ぐらいでもなんなく座れました」

ルージュ「未成年がいるんじゃないのか?」

ブルー「ルージュ、こういうのは騙しとおした者勝ちだよ・・・・・・

ルージュ「・・・・・・」

DS「金は割り勘だったので、皆さん適当に飲んでました。 食い残された魚が誰も食べないことをいいことに、マスターが一人で平らげていましたね。 正直払った1000円以上に食べてたと思います」

ブルー「割り勘ってのはそんなもんだよ」

ルージュ「汚いな、人間って」





現代編

・恵、ジョギング中に渡に会う

渡『強い男になるために鍛えてます』

・恵に茶化されてる、深央ちゃんから電話かかってくる

・ラヴラヴオーラを出す渡と深央

・静香がわざとらしく茶化す

・嫉妬しまくりの静香

・風呂場でキバット、タツロットと戯れる渡

・その時渡の携帯に深央から電話がかかってきたので静香が代わりに出る

深央『映画のチケットが2枚あったので誘おうと・・・・・・』

静香『ええわかりましたわぁ、ちゃんと伝えておきますわぁ』

伝える気ゼロである

・ビショップ、クイーンである深央にチェックメイトフォーに
いずれはキングと結婚する運命を告げる

・カーボーイハットの男が怪しい占い師(もちろんエセ)のもとにやってきた

・千里眼があるという占い師だが、男に殺される

男『こいつも偽者か』

・先週の後、名護さんは渡のボタンについて考えていた
何故渡は、自分が過去に初恋の人に渡したボタンを持っているのだろうかと。

しかし名護さんは彼がファンガイアであるという可能性を否定する


・恵の弟が登場。 嶋さんが呼んだスペシャルゲストで、青空の会に多額の資金を寄付してくれた人物だとか

・そして彼は、実家に帰ろうと恵を誘う。 以前から約束していたらしいが、恵は適当に約束しただけだから今帰るつもりはないだとか。

・弟『帰ろうよめぐみん』

753『実家に帰りなさい めぐみん

・弟さんは恵を実家に連れ戻したいようだ。 なんでも母の意志もあるとかないとか

・定食屋で、弟さんが恵を実家に帰るように説得
だが話題はいつのまにかに弟の資金のことに。
弟さんは宝くじを手に入れたから青空の会に寄付できたとか。
恵は手を出すが全額寄付しちゃったから手元には宝くじの金は一銭も残ってないとか。

・恵は自分が母の望むようになったかどうかを考えていた

・嶋さん、寄付された分は全部青空の会にまわしたから恵の手取りはないとか

・話はチェックメイトフォーのルークのことに移る。
ゆりが最も憎んでいたファンガイアがルークなのだが、彼と戦うのはやめたほうがいいということ



・深央ちゃん、渡を待っていたが遠方に見えた渡はどっかに去ってしまう

・静香はやっぱり渡に約束を伝えてなかったようだ、このビッチめ

・渡はそんな静香の策略をまったく知らず、どこかに去ってしまった

・静香『私、彼のフィアンセなんです』

最早嫌われるポジションでしかない



・とある奇術師の前に、例のカーボーイハットの男が現れる

男『無から有を生み出すその力、本物か?』


・渡、静香をほっぽりだしてカーボーイハットの男、否、ファンガイアに立ち向かう

・キバを圧倒するファンガイア

ファンガイア『俺はいずれはチェックメイトフォーのキングになる男だ』

キバット『やべぇぞ!』

・キバ、エンペラーフォーム化

・エンペラーフォームだが、それでも互角と言うほどにしか戦えない

・ルーク『俺はいいことをする、いいことをする・・・・・・』

そんなことを言いながら恵と子供達の前を通りすぎるルーク

・子供が坂を下ってきたトラック(ブレーキが途中で壊れたらしい)に轢かれそうになったが、なんと彼はトラックを受け止めて(ファンガイアに変身)子供達を助けたのだ

ルーク『俺はいいことをした』

・助けたとはいえ、ファンガイアに変身した彼を恵は放っておけるはずもなく立ち向かう

・チェックメイトフォーのルークであること明かされ、恵は闘志を燃やして立ち向かっていくが、敗北するしかなかったのだった・・・・・・










・ゆりが部屋の掃除。音也は手伝わない

・そして喧嘩に発展した



ゆり『こんなに幸せでいいのかな』

訂正、痴話喧嘩

・ルーク、適当に人間狩

殺された男のサングラスを見るなり、新しい遊びを考えたとか

・次狼登場、過去編ではお久しぶりです

ルークに襲い掛かる

・でもフルボッコされたあげく、サングラスを奪われる


・力とラモンはカキ氷屋を営んでいるみたいだ
こいつらも久しぶりだな

・音也も呼ばれてやってきたらしい

・ルークを倒すことに協力を依頼されたが、音也自身はその気になれず帰ろうとしていた

・力とラモンの正体を知って、驚く音也。 逃げられなくなったが、ルークを倒すことはゆりのためでもあると説得され、4人でルークを倒すことを決意


音也『いいだろう、ただしゆりには内緒だ』


・ルーク、相変わらずタイムプレイだが・・・・・・

ルーク『もう何もかも面白くない・・・・・・』

飽きてしまったようだ
そういや興味本位でしか行動してないなこいつ

・親子の御伽噺を聞いて、善行を積んで天国にいくことを決意するルーク


・次狼と音也は久々に喧嘩していたが、それが原因でルークに発見されてしまう
この二人の掛け合いも懐かしいな

・作戦も先に発見されたら意味がなかったらしいので、二人は逃げ出した

・二人はルークに追いつかれて仕方なく戦うことになったが、
次狼とは分断されてしまい、音也が単身で立ち向かうことになった

・だがルークの力に音也は倒れてしまう

・音也を探しにきたゆりが現れて立ち向かうも勝てない


ゆりと恵、それぞれの時代でルークに弄ばれ・・・・・・





藤原「キング登場かと思いましたが違ったみたいですね」

ヒバナ「でもエンペラーフォームでもたおしてなかったよ」

藤原「確かにエンペラーフォームと互角にやりあったのはこいつが初めてです。 チェックメイトフォーでもないのにこの力、チェックメイトフォーのルークやビショップはどれだけの実力を持っているのでしょうか・・・・・・」

ヒバナ「もうバッシャーフォームの出番ないのかな・・・・・・」

藤原「そういえば最後に出てきたのがやられてるところしかないような・・・・・・

ヒバナ「ドッガフォームはつよかったよ!」

藤原「強靭な装甲と高い攻撃がありますからね。 まあそれより強いドガバキフォームですらエンペラーフォームには大きく劣るんですが

ヒバナ「エンペラーフォームにドガバキってできるかな?」

藤原「更なるフォームチェンジとして似たようなコンセプトは出てきそうですがね」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
仮面ライダーキバ29話  夏OFF行ってきた ガスト参式のありきたりな日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる