ガスト参式のありきたりな日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 仮面ライダーキバ41話

<<   作成日時 : 2008/11/24 13:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ヒバナ「わ〜い♪」

ホノカ「あらヒバナちゃん何食べているの?」

画像


ヒバナ「ガストさんがつくってくれたポップコーンだよ! ぶんかさいでいっぱいあまったんだって」

ホノカ「(先日捨ててあった焦げた豆はそれだったのね)」

ヒバナ「キャラメルポップコーンのキャラメルがつくれないんだって。 だかられんしゅうしているんだって」

ホノカ「当分は期待しないほうがよさそうね」





今週のキバ

現在編
・名護さんピンチだけど襟立に救われる


・753「なぜ健吾が首になったのですか?」

嶋「試したのさ彼を、随分前に君に同じことをしたね。 首になったことでどう動くか試してみたのだが・・・・・・」

753「それで」

嶋「最低だな。 彼は戦士としての自制心が欠けている。 それよりもキバの始末を君に任せようと思うのだが」

753「紅渡を救って見たいと思います」

嶋「はは、君も裏切られるだろう、私がそうだったように」

753「俺の歩む道が嶋さんと同じになるとは思えません」

嶋「君の道の先が行き止まりでないことを祈っているよ」




・ここから綺麗な襟立のターン

・渡を説得する襟立

襟立「わかってたんや・・・・・・俺にははなから才能なんてないと・・・・・・だから自分を誤魔化し続けた。 渡にあたったのも誤魔化しや、ほんとはあの時安心していたんや・・・・・・すまん!」

渡「そんな・・・・・・健吾さんが謝る必要なんてないです」

襟立「そんなことはない、ほんとに悪かったと思っている! だから俺と友達になってくれ!」

渡「健吾さん・・・・・・でもいいんです。 ファンガイアでもない、人間でもない中途半端な存在の自分が友達になるわけにはいけないんです」


何故か関西弁に戻ってる襟立。 照れ隠しに関西弁使っていたらしいけどだとしたらこいつシャイってレベルじゃねえな



・その夜、渡は母の夢を見た。
ファンガイアだとか人間だとか関係なかった。
彼は彼自身として生きてみることに決めた。


・暴れるファンガイアに名護さん出動

・雑魚ファンガイアを軽くいなしてビショップと対決するライジングイクサ。

・やっぱり強い名護さん。 前回では不覚だったけどタイマンだとビショップには負けません。

・で残った雑魚ファンガイア、渡がキバとタツロットの檻(の錠)を砕いて出撃してエンペラーフォームで軽くいなす

大牙「渡・・・・・・まさか!」

渡「すみません兄さん、でも決めたんです。 僕は僕自身として生きてみようと思いました」

大牙「・・・・・・少し甘やかし過ぎたみたいだな」

大牙はサガに変身。

大牙「邪魔だ」

ファンガイア「('A:::::::::::::::::::::::」

ファンガイアを頃したサガは巨大な黒エイを召喚。
黒エイからたくさんの子エイがキバを襲う!


エンペラーフォームはザンバットソードを振るい、剣圧が紅い衝撃波となって子エイを次々と破壊していく。
親である黒エイはフエッスルで解放→ファイナルザンバット・斬で一刀両断



飛翔体?出ないよ




過去編
・紅音也を殺害するように命じられた次浪達。 しかし・・・・・・

音也「マッサージなんて気が利くじゃないか」

ラモン「日ごろのお礼だよ」

力「(今がチャンス。 でも・・・・・・)」

音也「ん?」

力「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

巨大ハンマー持ってどっかいっちゃった力


次浪「背中を流してやろう」

音也「おいおい俺にそんな趣味はないんだって」

次浪「(やるなら今しか・・・・・・)」

音也「まあたまにはいいかもな。 男同士裸で友情を育むってのも」

次浪「友情・・・・・・やっぱ俺には無理だうわぁぁぁぁぁぁぁぁ」

音也「おいおいどうした?」

次浪「・・・・・・俺の背中も流してくれ」

ガルルの姿でそんなこと言ってもシュールなだけです次浪さん



・次浪「音也を殺せなかった俺達に残された道は一つしかない、キングから逃げて逃げ延びることだ。 運が良かったら誰かが逃げ延びるだろう」

ラモン「じゃあお互い元気でね」

力「(コクリ)」

こうして三人は荷物を持ち、それぞれバラバラの道に散っていったのだった





絶滅タイムだ

ラモン「!」

最初にキングが見つけたのはラモン。 彼はラモンを追い詰め

キング「バッシャー、封印」


んでもって


キング「ドッガ封印」


アームズモンスターに封印されてしまった二人
稀少種族の最後の生き残りだけあって城のインテリアにでもするらしい。
余談だが、キバットはアームズモンスターを単なる道具としか扱っていないのはこれが理由だからかもしれない。



・一方ゆりはブラッディ・ローズを弾こうとするが真夜に止められる
んでやっぱりゆりが喧嘩ふっかける

真夜「仕方ないわね、そこまで言うんだったらやってあげる」


・でもキングが乱入してゆり逃走。 音也が入れ違いに登場

・キング「紅音也、何故クイーンに構う。 知っているのだろう」

音也「ああ知っている。 そしてわかってしまったんだ」

キング「?」

音也「ファンガイアも人間も関係ない、俺は真夜に惚れている」


物陰に隠れていたゆり「(´・ω・`)」




・んでもって廃工場で対決することになった音也とキング。
でもぶっちゃけ勝てる要素がなくてぶっ飛ぶ音也

真夜「音也! しっかりして音也!」

倒れる音也に抱きつき、声を荒げる真夜。 こういうキャラだったのか。

音也にとどめを刺そうとしたキングだったが、次浪によって妨害。
しかし次浪さん封印される。

音也「! うああああああああああ!!!!!」

怒りに狂う音也はイクサに変身して爆炎の中キングに向かって走り出す。
そしてライダーキックというところで今週終了




ガスト「襟立改心はともかくエセ関西弁になるのは気に食わない」

藤原「それは仕方ないですよ、改心したとわかりやすくするためですから」

ガスト「それはわかってるけどさぁ・・・・・・東京出身だから素じゃないんだし標準語でいいじゃない」

藤原「甘いですねキャプテン、実は・・・・・・」


       ,.ィ , - 、._     、
.      ,イ/ l/       ̄ ̄`ヽ!__
     ト/ |' {              `ヽ.            ,ヘ
    N│ ヽ. `                 ヽ         /ヽ /  ∨
   N.ヽ.ヽ、            ,        }    l\/  `′
.  ヽヽ.\         ,.ィイハ       |   _|
   ヾニー __ _ -=_彡ソノ u_\ヽ、   |  \   今までの標準語が
.      ゙̄r=<‐モミ、ニr;==ェ;ュ<_ゞ-=7´ヽ   > 
.       l    ̄リーh ` ー‐‐' l‐''´冫)'./ ∠__ 素じゃなかったんですよ!
       ゙iー- イ'__ ヽ、..___ノ   トr‐'    / 
       l   `___,.、      ./│    /_
.        ヽ.  }z‐r--|     /  ト,        |  ,、
           >、`ー-- '  ./  / |ヽ     l/ ヽ   ,ヘ
      _,./| ヽ`ー--‐ _´.. ‐''´   ./  \、       \/ ヽ/
-‐ '''"  ̄ /  :|   ,ゝ=<      /    | `'''‐- 、.._
     /   !./l    .\    ./    │   _
      _,> '´|l. ミ:ゝ、  _/,´\  ./|._ , --、 | i´!⌒!l  r:,=i
.     |     | l. /    |=  ヽ/ | .|l⌒l lニ._ | ゙ー=':| |. L._」
      l.    | l./     .!    / | i´|.ー‐' | / |    |. !   l
.     l.   |. .!    .|  /  .!.|"'|.   l'  │-==:|. ! ==l   ,. -‐;
     l   |  l.    .| /   | i=!ー=;: l   |    l. |   | /   //
       l  |   l    .|/     !│ l    l、 :|    | } _|,.{::  7
        l  |   l   ./     .| |__,.ヽ、__,. ヽ._」 ー=:::レ'  ::::::|;   7
.      l |     l  /     .|. \:::::\::::: ヽ  ::::::!′ :::|   .:/
.       l |    .∨      !   /ヽ::: `:::    ::::  ...




     r、r.r 、i.    /          ̄l 7     なんだってー
  r |_,|_,|_,| ,!ヘ. / ‐- 、._   u    |/
  |_,|_,|_,|/ |〃、!ミ:   -─ゝ、    __ .l                なんだってー
  |_,|_,|_人 (^i;    L(.:)_ `ー'"〈:)_,` /     なんだってー
  | )   ヽノ゙i u       ´    ヽ  !
  |  `".`´ :!             ,,..ゝ!             なんだってー
  人  入_ノ 、    r'´~`''‐、  / \   \ \ メ / )`) )    なんだってー
/  \_/\:ヽ   `ー─ ' /   \\ . \ メ ////ノ
      /   ヽ、:..、  ~" //   ヽヽ メ /ノ )´`´/彡
     /      ` ー┬─ '"´     i i  /   ノゝ /      なんだってー
    /          |      Y  | |/| 、_,,ィ '__/,;'"´``';,._
    /  y         |      ヽ_/  \ _/  |ニニニニ|    なんだってー




藤原「それよりも音也が乙女心を踏みにじっている件について」

ガスト「いやあれは彼らしい答えだと思うよ」

藤原「なんでですか! 彼女持ちなのにあの発言ですよ!?」

ガスト「一見すれば音也が浮気者に見えるだろうが、彼は飽くまで自分に正直なんだ。 ゆりのこともまだ好きだと思う。 でもそれでも真夜に惚れたことは事実なんだ、だから彼は包み隠さずそれを話した。 なんというかギャルゲ主人公に通ずるものがあるような気もする」

藤原「最後の一言で台無しです」
















ガスト「南春香 陵辱 でググると俺が投稿したSSが真っ先に出てくる件についt」

.                 /{\_
.               , ⊥;.:辷 、
.          /: : : |: : : : : `ヽ
.         /: : : : : :|: : : : : : : : :,
.           {.: .:.|.:ハ: : : : :从.:. : .:.|  
      /.| |.:. .:|丁V: : : 厂Y: : | 
    + //::::| `ト、t七テ\/七テ从イ  お前だったのか
     | i::::::|  |.:|.:{///  ///ノ.:|.:|
     | l::::::|  |.:|: |> ‐ r<:|: |.:|
      ̄ |.:|  j.:|: |r/Y襾Y^h|: |.:|
      (,ニ)U .イ:|: |.j └‐┘ |イ.:j;イ
      (,ニ)ノ` Y从      彡ノ
       `ヽ、__ イ____} |





その後彼を見たものは(ry

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
仮面ライダーキバ41話 ガスト参式のありきたりな日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる