ガスト参式のありきたりな日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 仮面ライダーディケイドその3

<<   作成日時 : 2009/02/08 11:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

今週のディケイド

・地獄兄弟ことキックホッパーとパンチホッパーと戦ってたクウガとディケイドであったが、
突如出現した次元の壁の前に、地獄兄弟はその場から消えていった。

・意気投合したユウスケと士は写真館にて栄次郎のポトフを振舞われる。
そこの二人人参ぐらい食えよ、擦り付け合うなと。

・一方山では異変が起こっていて、そこに駆けつけた藍とその他警察達は謎の煙によって倒れてしまう。

・なんとか意識を保っていた藍はユウスケによって救われるが、
倒れた警官達がグロンギへと変貌していくところを見てしまう。

・一方士は、この事件の元凶と思われる、『究極の闇』と対決したが、
その圧倒的な力の前に一時撤退。

・病院へと運ばれた藍は意識不明となってしまう。
そのショックでユウスケは戦う意欲を失った。

・人間をグロンギに変えてしまう煙の元凶を倒すため、士は一人バイクで街中へ向かう。

・そんな中、意識不明だった藍が目覚め、弱弱しい声でユウスケに語りかけていく。



・『究極の闇』、そして大量のグロンギ達によって追い詰められるディケイド、変身が解けた彼を救ったのは
ユウスケであった。

・ユウスケは今まで藍の笑顔のために戦っていたが、これからはそれ以外の人々のためにも戦い続ける決意をしたのだ。

士「こいつは人の笑顔を守るために戦い続けてきた。 なら俺はこいつの笑顔を守る!」

究極の闇「貴様、何者だ!?」

士「通りすがりの仮面ライダーさ」

ユウスケと絆を強くした士は、持っていた3枚のカードが輝きを取り戻すことに気づく。


・再びディケイドへと変身した士とクウガへと変身したユウスケは大量のグロンギ軍団に立ち向かっていく。

・『ファイナルフォームライド・クウガ』

ディケイド「ちょっとくすぐったいぞ」

クウガ「え?あ(ry」

ディケイドが新たに手に入れたカードを使用してクウガに触れると、
なんとクウガが巨大なクワガタに変形したのだ。
ちょっとエグイと思う、ってかくすぐったいとかそんな次元じゃないと思う。
てかクウガ一瞬エロい声出したよね
よく見たらゴウラムだねこれ。

・ゴウラムになったクウガはグロンギを無双。
その後、ディケイドを乗せて究極の闇へと立ち向かう。
ディケイドは落とされるけどそれでも究極の闇を追撃することはやめない。

・ゴウラムクウガは究極の闇を挟んで、そのまま地面に向かっていく。
対するディケイドは地上からライドブッカーの刃を出して飛び上がる。

・そして究極の闇は真っ二つに引き裂かれたのだ。ただしビル巻き添え。

究極の闇「リントよ・・・・・・闇が、晴れる・・・ぞ」


・病院へと戻ったユウスケと士であったが、すでに藍の命の灯火は消えてしまっていた。
しかしユウスケはそれでも戦うことをやめたりはしないだろう。
それが藍の望むことだと知ったから。
藍の墓参りを済ませたユウスケは人々の笑顔を守るために今日もまた、戦い続けるのだった。


・写真館にて、士の撮った写真の一枚だけが比較的まともに撮れてることに気づく栄次郎。
額に飾ろうかと額を探すのだが、その表紙に紐を引っ張ってしまう。

・そしてクウガの世界に行くきっかけとなった絵の前に、新たに一枚の巨大絵が現れる。
夜のビルの中にいるキャッスルドラン、どう見てもキバの世界ですありがとうございました。
つか何気に♀キバが登場している。


ガスト「今回登場した究極の闇はン・ガミオ・ゼダとかいうディケイド版ン・ダグバ・ゼバらしいね?」

藤原「ン・ダグバ・ゼバといえばクウガのラスボスですね。 もしン・ガミオ・ゼダがそうならディケイドは毎回ラスボスクラスの敵と戦っていくことになるんですが」

ガスト「スパロボでも終盤じゃないとねえぞそんな展開・・・・・・と思ったらクウガのトランスフォームがあるからもうどうでもいいや」

藤原「トランスフォームといえばキバ飛翔体があるんですが」

ガスト「でもキバはキバで弓矢になるんだろ? 他ライダーは

アギト→同名のJのアレ
龍騎→ドラグレッダー
555→オートバジンたん
響鬼→ディスクアニマルの何か
カブト→でっかいカブトムシじゃね?
電王→デンライナー
キバ→弓矢

かねぇ・・・・・・」

藤原「ちょっと待てアギトの項目」


ガスト「さてキバといえばワタルなる少年(小学生ぐらい?)がキバに変身してファンガイアと戦うらしいが」

藤原「ディケイドを敵視しているみたいですが」

ガスト「キバーラとかいう女キバットが出るが」

藤原「名護さんでるのですかねぇ・・・・・・」

ガスト「次かその次あたりに出てくれるといいんだがなぁ・・・・・・カイザは来週でるけど」

藤原「『お前は邪魔なんだよ』とか言ってましたね。 中の人はやっぱり草加なんでしょうか?」

ガスト「正直カイザはなるだけなら誰でもなれるからな。 正直俺でも」

藤原「あなたじゃ灰になりますよ」

ガスト「やっぱ龍騎系統が一番安全だな。 それはそうと金土日に555全部見たからカイザも楽しみだ」

藤原「見たんですかファイズ」


ガスト「ということでネタもないから仮面ライダー555(ファイズ)でもちょこちょこっと」

ホノカ「唐突ね」

藤原「平成ライダーでも結構シリアスなほうですよあれは」

ガスト「正直3話からいじめの話題とかねえわ。 555を一言で言えば
怪人にも怪人の理屈があるってことかな」

藤原「キバやクウガみたいに元々怪人じゃなくて、元人間だったんですよねオルフェノクは」

ガスト「元人間の怪人は初代でのことだから、何気に原点回帰しているんだよな主人公もオルフェノクだし(ネタバレ注意)」

ホノカ「怪人から見た仮面ライダーってどう映るのかしらね」

藤原「対立するなら敵ですかね。 姿が化け物だからって、武器も持ってない無抵抗な生き物に銃を向けるやつらの方がよっぽど化け物だってこと思い出しました」

ガスト「どこの戦隊ヒーローだよ・・・・・・まあオルフェノクだっていいやつもいるってこと」

ホノカ「そういえば初代仮面ライダーも物理的には怪人と同じ存在だったわね」

ガスト「てか変身ベルトがオルフェノクかそれに近い存在じゃないと変身できないって時点でなぁ・・・・・・カイザとデルタは普通の人間でも変身できるけど、その場合はやばい結果になる」

藤原「龍騎の浅倉あたりならデルタに変身しても問題ないと思いますけどね」

ガスト「てつをでも大丈夫だよきっと。 とりあえずバジンたんかーいいよバジンたん」

ホノカ「ただのバイクじゃない」

藤原「オートバジンは萌えキャラです」

ガスト「ロボに変形してファイズに尽くすんだよかーいいよ。 バジン日記とかいうサイトのバジンたんもかーいいよ」

藤原「たまにですがバイクが変形してサポートするんですよ。 メカもかっこよかったですね」

ホノカ「ロボットまで出てくるとは・・・・・・」

ガスト「アクセルフォームこそパワーアップの至高、多段アクセルこそ正義」

藤原「挿入歌も強化フォームもかっこいいんでシリアスに耐えられるならお勧めできますよ」

ホノカ「なんかキバよりギスギスしていそうね。 まあ気が向いたら見てみるわ」

ガスト「正直人間関係が昼ドラってレベルじゃねえからこれが原因で子供達の特撮離れが増加したと思う、っつうほどシリアス」

藤原「ブレイド以降から路線変わったんですからそこらへんは触れないでくださいよ」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ブログ更新お疲れ様です(
ところで、世界樹のプレイ日記の最終話ってまだですよね?
いや、うん、密かに楽しみにしているだけに、もし見逃していたら涙目なので((ぁ
遊迷人
2009/02/09 01:44
せ・・・・・・か・・・・・・いじ・・・・・・ゅ・・・・・・?
いやはやいtt(ry
ガスト参式
2009/02/15 09:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
仮面ライダーディケイドその3 ガスト参式のありきたりな日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる