ガスト参式のありきたりな日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 最近仕事場でプログラミングをやらされている

<<   作成日時 : 2009/05/18 00:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

1.久しぶりに絵描いた

画像


ガスト「↓の影響でドサイドン先生がビッゴーにしか見えなくなった」



ホノカ「でもこの人の動画って去年1月で止まっているのよね」

ガスト「あれ以上続編は見込めないのが残念だけど、まあこれから見る人のネタにはなるだろう」


2.今週のディケイド
・ソウがマユの兄なのだが、彼は彼女の元に帰ろうとしない。
 おばあちゃんが言うには、理由があるしかないだそうな。

・マユと夏海はワームに追いかけられ、廃工場にたどり着く。

・大樹が現れるが、彼女達を助けようとはしない。
彼は、マユがワームに狙われており、それに対してカブトが守るように迎撃をすることに気づいたのだ。
事実、ワームは直後カブトに倒された。

・大樹の狙いはカブトなのだ。
クロックアップシステム(=ゼクター)を手に入れるため、ディエンドに変身し、カブトに襲い掛かる。

・ディエンドはイクサとサイガを召喚。 こいつ・・・・・・しゃべるぞ!
召喚ライダーは見てくれだけの抜け殻なのに普通にしゃべる名護さんは最高です!
新技のイクササーチも使う名護さんは最高です!
ついでにサイガもしゃべったね・・・・・・おこぼれを与えた名護さんは最高です・・・・・・!?

名護さんは最高です→753は315です→753:名護さん 315:サイガの変身コード


・ゼクトはクロックダウン装置を開発し、カブト捕獲作戦が報道された。
それに喜ぶ民衆達。 そういえば本編のカブトは一時期指名手配されていたな。
テレビの報道をすぐに鵜呑みにしちゃいけないって。


・んでディエンドはいつのまにかにカブトに敗北。
イクサとサイガはいつのまにかにいなくなっていた。
ディエンドが負けたから消えたんだよな。 そうだよなきっと。
もしくはいつものようにファイナルアタックライドで無駄玉にしたとか。

イクサ「負けたのは俺じゃない、ディエンドだ!」


・マユの体に変化が起き始め、彼女はワームに変貌してしまう。
自分の姿に驚いた彼女はクロックアップで士と夏海の元を去る。

・逃げたマユのところにソウがやってくる。
彼女を迎え入れるソウであったが・・・・・・


・おばあちゃんは別にマユがワームだろうと知ったこっちゃない。
おでん屋のおでんの汁がしっかり染み込んでいる以上は孫なのだ。

・そんなマユはカブト捕獲作戦の餌として囚われていた。
アラタは反論するも、ゼクト隊員にぼこられる。

・士達はボロボロになったアラタにこの事実を伝えられ、マユを助けにゼクト本部に殴り込みにいったのだ。


・一方ゼクト本部にはソウの思惑通り、カブトがやってきた。
クロックダウン装置でクロックアップを封じられ、ゼクト隊員に取り押さえられるカブト。

・隊員如きに抑えられるなんて・・・・・・と思いきゃそのゼクト隊員はワームだったのだ。
他のゼクト隊員はそれに驚くも倒されてしまう。

・カブトの変身が解除され、彼を踏み潰すソウ。
カブトの正体はマユの兄であるソウジだったのだ。

・二人の俺はいらない、ソウの正体はソウジに擬態したフィロキセラワームである。
てかこのワーム、仮面ライダーGに出たやつだよね。

・だが彼らの前に、士が現れる。
士曰く、ソウジは今までマユを守るためにクロックアップの世界に入り込み、誰の声も届かぬ孤独の中で戦い続けてきたのだ。
ソウジからすればマユは妹、マユからすればソウジはお兄ちゃん、
喩えマユがワームであろうともそれ以前に二人は兄妹なのである。

・フィロキセラワームは部下のワーム達を襲わせるが、
ディケイドとカブトにより瞬殺。
しかしフィロキセラワームはうろたえない。
ライダーのクロックアップは封じたが、フィロキセラワーム自体はクロックアップを使えるのだ。
自分だけが光速の世界に入り込める=世界の支配者となったらしい彼は飛翔する。

・ディケイドはファイナルフォームライドをカブトに使用する。
相変わらずちょっとくすぐったいってレベルじゃない。
でかいカブトゼクターに変形したカブトはフィロキセラワームに突撃。

・ファイナルアタックライドにてカブトがクロックダウン装置を潰し、
フィロキセラワームを叩き落す。
ディケイドとカブトのライダーキックの挟み撃ち、この時何気にクロックアップしている。
以上がカブトのファイナルフォームライドのファイナルアタックライド。

・マユに別れを告げ、ソウジはカブトに戻って再びクロックアップの世界に入っていく。
帰れる場所があるから孤独でいることができる。

・おでん屋に戻るマユ達におばあちゃんは笑っておでんを差し出した。
自分達が変わらない限りはソウジはいつかは帰ってきてくれるのだ。


・戻ったらキバーラが二匹いるけどそんなことはどうでもいい。
次の世界は響鬼。 最後の世界になるので気合入れていこうぜ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
最近仕事場でプログラミングをやらされている ガスト参式のありきたりな日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる